-EAドリーム-30万を約60倍にしたある物語
第八話「FXの世界へ」

road-to-20-million

前回はこちら

「為替なら勝てるのかな・・」

俺はそんな新たな希望を胸に、

為替売買=FXに参入することにした。

そして、朝4時半戦略が機能していたダウのような

一方通行に動きやすい通貨を探し始めた。

「・・・ポンドがそうなのか」

イギリスの通貨ポンドは値動きが激しく

特に日本時間の夕方くらいから一方通行に動きやすい。

調べたらすぐに分かった。

「ポンドだったら勝てるんじゃないのかな」

「よし、やってみよう」

俺はFX業者の口座を開設した。

そして、株で残ったわずかな金と

少しバイトをして得た金を合わせて

約30万からFXを始めることとなった。

そして、FXもハイ・レバレッジが可能だった。

当時はレバレッジが400倍まで可能な業者も多く

30万の資金があれば

1か月で1,000万にすることも夢物語ではなかった。

「初めからFXのほうが良かったんじゃないか?」

俺はそんなことも思いながら、FXを始めることになった。

「ポンド円が一番一方通行に動きやすいみたいだな」

「夕方になって一方に動いたら乗ってみよう」

俺はしばらくその戦略で戦っていた。

結果、大きく勝ちもしないが負けもしなかった。

なんとなく、為替の値動きは規則性があるような気がした。

「株よりかはずっとやりやすい気がする」

俺はそんなことを思いながら、ポンド円以外の通貨も取引するようになった。

しかし、そう甘くはなく、一気に資産が増えるわけでもない。

株時代よりも負けることはなくなったが、少しずつ資産は減っていった。

「んー・・中々フィットしないな・・」

俺は相変わらず2chのスレを見ていたりして、勝つ方法を探していた。

途中、ある業者のドル円のレートが

18時半頃に約1秒遅れる

というバグを発見し

その時にハイレバで売買して

負けていた分を一気に取り返すこともできた。

この時、チャンスだと思ったが

資産が少なく大きく稼げそうになかったため

クレジットカードでキャッシングをしようとしたのだが

パスワードを忘れてしまって金を引き出せなかった。

ちゃんと調べればパスワードは分かったのだが、

借金してFXするということに俺の良心が思い止まらせた。

「借金してやれば良かった」

借りたらボロ負けるし、

金を借りる戦略には俺はどうもフィットしなかったのだ。

そして、FXに参入してから2か月程経過したときには

30万の資金にほぼ変化はなかった。

途中、レートのバグで稼げたといえども

2か月続けて負けていないのは初めてだった。

「何かもっと勝てる方法はないのかな」

俺は毎日探していた。

そして、ある日だった。

2chの書き込みに興味深いものが書かれていた。

「これめっちゃ勝ててすげえwwww」

俺は少し興味を惹かれた。

しかし、2chには変な書き込みは一杯ある。

強く関心は持たなかった。

「ここに置いておくわww」

また似た書き込みがあった。

俺はちょっと気になり始めていた。

そして、数日後にもまた似た書き込みがあった。

「この自動売買すげえわww」

「自動売買・・?」

俺は自動売買というワードに惹かれた。

市場の規則性を分析し、ルール通りに売買すれば

勝てるような気がしたからだ。

そう、ダウでそのやり方で俺が大きく勝てたように。

「お前広めるなよ」

そんな注意書きが書き手に向かって書かれていた。

「なんだ・・?」

「何かすごい自動売買ソフトがあったりするのか?」

「それも皆は知らない、一部の人だけが知っているような・・?」

俺は気になって、2chのスレッドを見て回った。

そうすると

自動売買について語られているスレッドがあったのだ。

あまり目立ってはいないが、スレッド内では熱心に語られていた。

そして、目立っていなかった理由もわかった。

そのスレッドにいる人達は

他の人達に知られないように

ひっそりと情報交換をしていたからだった。

俺は強く興味を惹かれて

そのスレッドの中を調べ始めた。

すると、そこには

Mizutori

という優れたフリーの自動売買ソフトを

皆で改良していることを知った。

続く

第九話