-EAドリーム-30万を約60倍にしたある物語
第九話「MizutoriEAで資産ついに激増」

road-to-20-million

前回はこちら

「Mizutori?」

俺はその掲示板で語られている

自動売買システムの名前を知った。

Mizutoriとは

ある日本人が作った

フリーの自動売買ソフトで

元は

「firebird」という名前だったらしい。

それを色々改良して

Mizutori

という名前になったようだ。

(海外でもMizutoriは有名だった)

そして、FXには

自動売買ソフトのことを

EA(Expert Advisorの略)

と呼ばれていることも知った。

そして、その2chのスレッドには

MizutoriEAのバックテストの結果が

いくつか貼られていた。

バックテストとは、

EAを過去動かした場合に

どのくらい資産が増えたのか等の結果を

可視化したものだ。

俺はバックテストの結果を見ても

良く分からなかった。

しかし、

とりあえず、直近3か月くらいは

Mizutoriを動かせば

資産が増えていった

ということが分かった。

そして、その結果は驚異的だった。

俺は、結局FXでも中々勝てなかった。

しかし、

Mizutoriを動かした場合、

資産はどんどん増えていったのだ。

「すげえ・・こんなに資産って増えるものなのか」

今考えれば、

全く持って検証の度合いは不十分ではあるが

当時の俺はあまり詳しいことは分からず、

ただ、その結果に驚愕していた。

「Mizutoriを動かせば勝てる」

そう思った俺は

Mizutoriをダウンロードして

すぐに動かす準備を整えた。

そして、30万を元手に

Mizutoriでの売買を始めた。

・・・

・・・

・・・!!??

俺は驚いた。

Mizutoriは短期的に大底、天井を捉えることが珍しくないのだ。

「すげえ、あんなの手動のトレードでは絶対無理だ」

俺は感動して、強気でMizutoriを動かした。

ハイレバレッジを掛けるようになった。

途中、危ない場面もあったが

結局俺は

Mizutoriを強気で動かした結果

2か月で30万が120万になった。

今思えば

かなり運が良かったのだが

それでもMizutoriが

相場にフィットしていたことは

間違いなかった。

しかし、徐々にMizutoriが負け始めた。

相場にフィットしくなってきたのだ。

そして、

120万が100万まで減った時に

俺はMizutoriの使用を停止した。

そして、それ以降はずっと

Mizutoriは負けるようになった。

止めるタイミングも上手かった。

結果として、

俺はついに

30万が100万になるという

相場で大きな勝利を収めることが出来たのだ。

「EAってすごいんだな」

そう思った俺は、これからEAの世界へと入っていくことになった。

しかし、

Mizutoriが通用しなくなり

2chのスレッドは盛り上がりがなくなってきた。

俺は、海外のEA掲示板を見たりしていたが

中々良いEAに巡り合えなかった。

途中、自分でEAを作ろうともしたが

プログラミング言語の羅列を見て

やる気を失った。

「優秀なEAはないものか」

色々と海外でEAをダウンロードして

バックテストをしてみるが

どれも良さそうなシステムに見えなかった。

途中、EAを諦めて

月額3万円の有料のシグナル配信を契約して

トレードしてみたが

見事に負けてしまった。

「やっぱこういうのでは勝てないのか・・」

俺は再びEAの世界へと舞い戻った。

そしてまた、勝つための情報収集をする毎日が始まった。

そして、ある時だった。

俺は、ある興味深いブログに辿り着いた。

それは

有料のEAを駆使して

かなり稼いでいるブログだった。

俺はこの時、初めて有料のEAがあることを知った。

そして、そのブログには

何人かの常連がいて

皆である一つの戦略について話していたのだ。

それは

朝スキャ

と呼ばれるものだった。

この、朝スキャとの出会いが

俺のFXにおける

大躍進のきっかけとなったのだ。

続く

第十話